2006年08月14日

意気衝天

●68.意気衝天(いきしょうてん)

【意味】意気込みが非常に盛んなこと。「衝天」は、天を衝く(つく)こと。転じて勢いのさかんな状態を表す。意気込みが天を衝くほどに勢いが激しいということから。

※類義語
意気軒昂、意気揚揚
→意気軒昂は、「軒」と「昂」という高く上がる意味を持つ漢字を二つ重ねたように、意気が盛んなことを表しますが、「意気衝天」は、その語気をさらに強めたものとなっています。

※対義語
意気消沈、意気阻喪、垂頭喪気(すいとうそうき)

※参考
 「衝天の気」というのが禅の公案(問題)にあります。「衝天」というのは、「天を衝く」ということなので、天を衝くほどの激しい気です。山岡鉄舟が、ライバルだった浅利又七郎と対戦するとなぜか勝てず悩んでいた折、天龍寺の僧、滴水和尚(1822〜1899)のもとで参禅した際、和尚は、ただ無になるのが良いとして、
「両刃鋒(ほこ)を交えて避くるを須(もち)いず、好手(こうしゅ)還(かえ)りて火裏(かり)の蓮(はちす)に同じ、宛然(えんぜん)自(おの)ずから衝天の気あり」という公案を鉄舟に与えました。当初は、この意味がつかめなかった鉄舟でしたが、後に「無刀流」の開祖となったのはよく知られています。


 天を衝くほどのすさまじい意気込みというのも時には必要だな、と思います。意気込みが空回りしてはいけませんが、心を強く持つのと、持たないのとでは結果に大きく違いが表れるというのは度々感じますよね。

posted by landmark at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22337442

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。