2006年07月31日

伊尹負鼎

●60.伊尹負鼎(いいんふてい)

【意味】大望を叶えるために、まず自らを卑下すること。「伊尹」は、殷(商)初に活躍した政治家で、湯王(とうおう)を助け、夏の桀王(けつおう)を滅ぼして殷の成立に大きく貢献した人物。湯王は敬意を表して阿衡と称した(ここから「阿衡の佐」という表現が生まれた)。「鼎」は、3本の足をもち、物を煮るのに用いる金属製または土製の容器のこと。後に王侯の祭器、礼器となった。

【出典】司馬遷『史記』の殷本紀にみられる。伊尹は鼎を背負い料理人として殷の湯王に接近し、やがては宰相となり、国政を動かすまでになったという故事から。

※参考
 宮城谷昌光さんが、『天空の舟 小説・伊尹伝』(上・下)でこの伊尹の生涯について記しています。伊尹はとにかく色々な伝説がある人で、出生の時にも伊尹の母が「水に臼が浮かんだら、東に駆けて、決して振り向いてはならない」というお告げに反したことで、大洪水に巻き込まれましたが、その時、母が空桑(中に空洞のある桑)の大木と化し、その幹から伊尹が生まれたという話があります。
 湯王の片腕となって活躍した伊尹ですが、『竹書紀年』という書には、「伊尹即位、放太甲七年、太甲潛出自桐、殺伊尹」とあり、「伊尹が即位し7年間在位したのち太甲に殺された」となっていてこの点も謎となっています。


 歴史上の人物を基にした表現というのは、多くありますが、そうした表現が残るのも人物そのものに魅力があって、長く語り継がれるような存在であるということが挙げられるでしょう。伊尹という人物が、今でも時々話題にのぼることがあるのは、その逸話もさることながら、やはり人物自体に魅力があるからだといえます。

posted by landmark at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21686914

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。