2006年07月26日

按兵不動

●55.按兵不動(あんぺいふどう)

【意味】好機が来るのをじっと待つこと。「按兵」は、軍隊をおさえて出発させないこと。「按」は手で(上から下へと)おさえる意。「不動」は、動かないこと。兵をおさえて動かさずじっと好機が来るのを待つ意から。

【出典】『呂氏春秋』(恃君覧<第20巻>召類<第4篇>)「趙簡子按兵而不動」(趙簡子兵を按じて動かず)より。趙簡子は中国春秋時代の晋の政治家である趙鞅(ちょうおう)のこと。趙襄子(趙無恤)の父にあたる。

※類義語
按軍不動

※参考
『呂氏春秋』
 秦の呂不韋(りょふい)が食客3000人を集め、先秦における諸学説や伝説・知識を文章化させたものです。全体で26巻160篇あり、十二紀(1年12ヶ月を春夏秋冬に分け、さらにそれを孟・仲・季の三節に分けたもの)・八覧・六論の3部門で構成されています。当時のあらゆる思想が述べられていてさながら百科全書のような趣があるといわれます。出来栄えには、呂不韋も自負するところがあり、本書完成にあたっては、書を都の咸陽(かんよう)の城門にかかげて、一字でも訂正できるものがあれば、千金を与えるといったとされます。この故事から「一字千金」という語が生まれましたが、これについてはまた該当回で取り上げることにします。


 何か心が晴れないことがあると、つい理非を別にして行動しなければ、と思うものですが、そんな時は、按兵不動、じっと我慢して機が熟するのを待つことにより、事態が好転することがあるということですね。

posted by landmark at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21401643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。