2006年07月16日

安心立命

●45.安心立命(あんじんりつめい)

【意味】心を安らかにして、天命に身を任せ、決して動揺したりしないさま。「安心」は、信仰によって心を安らかにすること。この意味では、「あんじん」と読む(仏教語)。「あんしん」と読めば、不安なことがなく、落ち着いた状態を表す。「立命」は、ここでは、人為によって損なうことなく、天命を全うすることで、『孟子』に由来する(→参考を参照)。「安心立命」はもとは儒教の語だったが、次第に禅宗の語としても使われるようになった。

※「あんじんりゅうみょう」(仏教語としての読み方)や「あんしんりつめい」、「あんじんりゅうめい」と読むこともある。

※類義語
安心決定(あんじんけつじょう)

※参考
 京都に立命館という大学があります。前身は中川小十郎が建てた京都法政学校ですが、名前の由来は、西園寺公望の私塾立命館によっています。この塾はわずか一年足らずで閉鎖されてしまうのですが、1905年に中川小十郎が私塾立命館の名を引き継ぎたいと申し出、そこから現在の名称になったとされています。
 「立命」とは、『孟子』の第十三巻「盡心章(じんしんしょう)・上」の冒頭に見られる表現です。「殀壽不貳、修身以俟之、所以立命也」(殀寿貳<たが>わず、身を修めて以て之を俟つは、命を立つる所以なり)に由来します。「殀寿(ようじゅ)」とは、短命と長寿のこと。短命でも長命でも、ひたすら天命に従って、ただ一筋に自らの修養に励み、天命(寿命)を待つのが、人の本分を全うする道である」と言う意味です。
 西園寺はこれに続けて「蓋し(けだし=思うに)学問の要はここに在り」と述べています。この由来によって、中国政府から立命館大学に孟子像が献上されたのは知られています。

 「安心立命」は、「安心立命として暮らす」や「安心立命を得る」という形で用いられて、心の平静を強調することが多いですが、現代のようにさまざまな場面でスピード感が求められる時代では、なかなか安心立命の境地は体感することができないのが現状ですね。たまにはゆっくりしたいな、と思ってもなにかをしないといけないという気持ちが働いてしまいます…。そういう意味では、安心立命というのはなかなか難しくものだな、と思ってしまいます。

posted by landmark at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20845268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。