2006年07月11日

按甲休兵

●40.按甲休兵(あんこうきゅうへい)

【意味】よろいや武器をおさめること。転じて戦争をやめることを表す。「按甲」は、よろいを下におさえること。「按」は手で上から下へとおさえる意で、「甲」はよろいの意。「休兵」は、武器を休ませるということ。

【出典】『漢書』韓信伝「当今之計,不如按甲休兵,百里之内,牛洒日至,以饗士大夫,北首燕路,然而発一乘之使,奉咫尺之書以使燕,燕必不敢不听。」から。
 韓信は張良(ちょうりょう)・蕭何(しょうか)とともに漢の三傑と呼ばれた武将。漢が趙に攻め込んだとき(この時の戦いから「背水の陣」という語が生まれました)、韓信は打ち勝ったにもかかわらず、趙の李左車(りさしゃ)を助けました。その李左車を先生と呼び、燕を倒すにはどうしたらいいか、と助言を求め、それに対する李左車が上記の部分です。
 今は武器や兵を休ませ(按甲休兵)、趙を制圧することが最善で、(戦争での遺児をいたわり、)百里四方から毎日運ばれる牛や酒でもって士大夫をもてなして、趙を固めてから、燕に向かわせるのがよい。それから燕に使いを発して、書簡を送って、自らの優位さを示せば、燕は従わざるを得ないだろう、という意味です。

※類義語
按甲寝兵(あんこうしんぺい)

 戦争は歴史をひもとけば、なかった時期を探すのが難しいほど頻繁に繰り返されています。原因はさまざまですが、今現在も世界各地で戦いは続いているのは事実です。「按甲休兵」して、真の平和が現出するのは、いつになるのか。双方が解決点を見出せないほど難しい問題を抱えているからでしょうが、少しやりきれない感じもします。
posted by landmark at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。按甲休兵…はじめて聞きました。
またひとつ脳のしわが増えました。ありがとうございます。今も世界各地で戦争が行われていると思うと、やりきれない気持ちです。ちょうど今朝、戦争のウェブ漫画を読みました。「もう一度生まれたら、花に」という漫画です。
Posted by 宮本みなみ at 2006年07月11日 10:47
連続ですみません!
下の漢字の問題、やっと一つ読めました!
箒→ほうき(^_^)
Posted by 宮本みなみ at 2006年07月11日 10:48
宮本さん、いつもありがとうございます!
 「もう一度生まれたら、花に」というのを私も読んでみました!重いテーマですね。戦争について改めて考えさせられました。
 日本だけを見ていると、戦争というものは戦後はずっとなかったですが、世界で見れば、冷戦のときよりむしろ増えているといるんですね。
 そういう点で言えば、平和というのを時には考えないといけないな、と思います。
 
 下の漢字ですが、難しいのが出てきますね…。思いっきり当て字が出てきたり。ためになったり、あまりに間違えてがっかりしたり。まぁ、これも一興でしょうか。
Posted by landmark at 2006年07月11日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20596095

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。