2006年03月17日

遏雲の曲

○9.遏雲(あつうん)の曲

【意味】空を流れ行く雲までもおしとどめるすぐれた音楽や歌声のこと。「遏」に関しては、前項の遏悪揚善を参照。下記のようにこの表現は故事に基づいている。

【出典】「列子」湯問篇
「声振林木、響遏行雲」(声は林木を振るはせ、響きは行雲を遏む)に由来する。

【故事の内容】
 秦の時代に秦青(しんせい)という優れた歌の名人がいた。蒒薛譚(せったん)は秦青について歌を学んでいたが、すべてを吸収していないにもかかわらず、すべてを学びつくしたと思い込んで、帰郷しようとした。秦青は蒒薛譚がまだ技を極めていないことを見抜いてたのだが、強いて止めはせず、町の外れまで送っていった。
 別れ際、秦青は蒒薛譚に対し、悲歌を歌って送り出したが、その歌声は、余韻となってあたりに広がり、赤く染まった夕暮れを駆けぬけ、節は林木を震わせ、響きは、流れゆく雲さえも止めてしまった。
 この光景を見た薛譚は自分の至らなさを侘び、再び秦青の下で、歌を学び、その後二度と故郷に帰るとはいわなかったという。

 上記が上の故事の内容ですが、あたりを震わすほどの歌声というのは、余程のことで、なかなか体験できないものです。だからこそ深い感動を与えるのでしょう。これから生きて行く中で、どれだけ深い感動に出会うのかは分かりませんが、その一つ一つを胸にとどめ、大事にしていきたいですね。今日は、「遏悪揚善」を取り上げたので、「遏」つながりで掲載してみました。
posted by landmark at 16:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 慣用句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソフ得! よみよみ
Excerpt: お世話になります。ソフ得! よみよみ (作者:Nagasaka Go)   今回は漢字の読み
Weblog: パソコンお役立ち情報by朝日新聞@ソフ得、ネッ得
Tracked: 2006-03-28 06:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。