2006年03月17日

遏悪揚善

●24.遏悪揚善(あつあくようぜん)

【意味】悪行を防いで、善行を勧めること。ここで「遏」は、とどめる、さえぎる、の意味。遏止(あつし)という熟語も用例の一つである。ちなみに「遏」という字には、出し尽くすという意味合いもあり、「衆力を遏す」(書経)などに見える。また、「揚」はここでは勧める、盛んにするという意味。

【出典】『易経』(大有<たいゆう>)

※類義語
勧善懲悪

※参考
「悪を遏め(やめ)、善を揚ぐ(あぐ)」と、書き下して読むこともある。

 難しい熟語ですが、漢字の意味合いから考えると、勧善懲悪というよく知られた表現に近いことが分かります。
posted by landmark at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14965147

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。