2006年09月06日

意気沮喪

●69.意気沮喪(いきそそう)

【意味】意気込みを失うこと。やる気をなくすこと。「沮喪」は、気力がくじけ、勢いがなくなることを指し、気落ちしたさまを表す。

※類義語
意気沮喪、垂頭喪気(すいとうそうき)

※対義語
意気軒昂、意気衝天、意気揚揚

※参考(「沮」と「阻」)
 「沮喪」は「阻喪」とも書きます。「沮」と「阻」は、ともに「はばむ」や「くじける」といった意味を持ちます。今ではどちらかといえば「阻」のほうが馴染み深い漢字ですが、『孟子』(巻二「梁惠王章句下」十六)では、「有臧倉者沮君」(臧倉<ぞうそう>なる者有りて君を沮む)とするくだりがあり、「はばむ」を表記するのに、「沮」を用いています。
 もともと「且」という字は、物を積み重ねたさまをあらわした象形文字です。沮はそれにさんずいを加えることで、水が重なって干かないさまを指して、阻はこざと(阜)へん(土もりを指す)を加えることで、土や石が積み重なって行く手をはばむことを指します。水と土の違いはあれど、ニュアンスは似ているため、この意味ではほぼ同視して用いられるようになったということができます。
 ちなみに「臧倉」とは、魯の平公のお気に入りの近臣です。上記の引用部は平公が孟子に会いに行こうとした際、臧倉が「礼儀も知らぬ一平民のためにどうしていく必要があるのか」と主張したため、平公が会いに行くのを取りやめたという話の一節です。このとき、楽正子(がくせいし)が、孟子に対し、事情を話したところ、孟子は、「人が出かけるのも出かけないのも人がそうさせるのではなく、あくまで天命のためにそうなるのだ」と答えました。

 「意気消沈」のところでも触れましたが、「意気阻喪」は意気込みがなくなることに重点があるのに対し、「意気消沈」は、むしろ感情的にふさぎこんでしまうことに力点があります。とはいえ、ともに意気込みが失われることには変わりありません。日常生活では、あまり陥りたくない状態といえます。いかにしてこの状態から脱却していくか、が重要ですね。結局は前向きに考える、など内面との格闘になってしまうのかもしれませんが。

posted by landmark at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。