2006年03月17日

遏雲の曲

○9.遏雲(あつうん)の曲

【意味】空を流れ行く雲までもおしとどめるすぐれた音楽や歌声のこと。「遏」に関しては、前項の遏悪揚善を参照。下記のようにこの表現は故事に基づいている。

【出典】「列子」湯問篇
「声振林木、響遏行雲」(声は林木を振るはせ、響きは行雲を遏む)に由来する。

【故事の内容】
 秦の時代に秦青(しんせい)という優れた歌の名人がいた。蒒薛譚(せったん)は秦青について歌を学んでいたが、すべてを吸収していないにもかかわらず、すべてを学びつくしたと思い込んで、帰郷しようとした。秦青は蒒薛譚がまだ技を極めていないことを見抜いてたのだが、強いて止めはせず、町の外れまで送っていった。
 別れ際、秦青は蒒薛譚に対し、悲歌を歌って送り出したが、その歌声は、余韻となってあたりに広がり、赤く染まった夕暮れを駆けぬけ、節は林木を震わせ、響きは、流れゆく雲さえも止めてしまった。
 この光景を見た薛譚は自分の至らなさを侘び、再び秦青の下で、歌を学び、その後二度と故郷に帰るとはいわなかったという。

 上記が上の故事の内容ですが、あたりを震わすほどの歌声というのは、余程のことで、なかなか体験できないものです。だからこそ深い感動を与えるのでしょう。これから生きて行く中で、どれだけ深い感動に出会うのかは分かりませんが、その一つ一つを胸にとどめ、大事にしていきたいですね。今日は、「遏悪揚善」を取り上げたので、「遏」つながりで掲載してみました。
posted by landmark at 16:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 慣用句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遏悪揚善

●24.遏悪揚善(あつあくようぜん)

【意味】悪行を防いで、善行を勧めること。ここで「遏」は、とどめる、さえぎる、の意味。遏止(あつし)という熟語も用例の一つである。ちなみに「遏」という字には、出し尽くすという意味合いもあり、「衆力を遏す」(書経)などに見える。また、「揚」はここでは勧める、盛んにするという意味。

【出典】『易経』(大有<たいゆう>)

※類義語
勧善懲悪

※参考
「悪を遏め(やめ)、善を揚ぐ(あぐ)」と、書き下して読むこともある。

 難しい熟語ですが、漢字の意味合いから考えると、勧善懲悪というよく知られた表現に近いことが分かります。
posted by landmark at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

可惜身命

●23.可惜身命(あたらしんみょう)

【意味】体や命を大切にすること。「可惜」は、形容詞「あたら(可惜)し」の語幹から来た表現で、惜しくも、もったいないことに、という意味を表し、「身命」は、体と命を指す。すなわち、この熟語全体では、体や命を惜しむとなる。可惜しは、このままにしておくのは惜しい、または、このままにしておくのは惜しいほど立派だ、という意味だが、平安時代以降は、しばしば新し(あらたし)と混同して使われた。

※対義語
不惜身命(ふしゃくしんみょう)
 こちらは、体や命を惜しまないことになります。まだ、記憶に残っている人も多いと思いますが、貴乃花が横綱昇進のときの口上にこのことばを引用し、「横綱の名を汚さぬよう、不撓不屈の精神で相撲道に不惜身命を貫きます」と述べたことで知られます。

 体が資本とは、よくいったものですが、何をするにも体が健康でなければなしえません。しかし、時には体にムチを打ってもしなければならないときがあります。難しいことですが、自分の体の状態を把握して、ほどほどに行動することが必要なのでしょう。私も時に夜更かしをすることが多いですが、体(命)を大切に、当たり前のことですが、深く噛みしめないといけませんね。
posted by landmark at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。