2006年09月18日

意気投合

●70.意気投合(いきとうごう)

【意味】互いの気持ちがよく合って、仲良くなること。「投合」とは、人の気持ちなど、二つのものが互いにぴったりと合うことをいう。

※類義語
意気相投、情意投合
「意気相投」に関しては、「意気相投ずる」と読むこともあります。

 非常に良く使われる熟語ですが、気持ちがぴったり合う、という意味で「合」が使われるのは当然ですが、個人的に「投」が使われているのは面白いと思っています。「投」というのは、単純に相手に向かってなげる意味しか持たないのでなく、「殳」という字自体が、上の部分が羽を立てた様子を表して、下の「又」は手を表し、全体として「手で立てる」ことを指すことから、「投」は、相手のいるところに立つかのように、相手におさまるように投げるというニュアンスを持っています。
 したがって、「投合」は、相手をとてもよく意識した表現ということになります。もしこれが「統合」だったら、全体に行き渡るという意味合いで、多くの意見を一つに集約するという意味しか持たず、なにか事務的な響きを感じてしまいますね。
posted by landmark at 00:18| Comment(47) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

意気沮喪

●69.意気沮喪(いきそそう)

【意味】意気込みを失うこと。やる気をなくすこと。「沮喪」は、気力がくじけ、勢いがなくなることを指し、気落ちしたさまを表す。

※類義語
意気沮喪、垂頭喪気(すいとうそうき)

※対義語
意気軒昂、意気衝天、意気揚揚

※参考(「沮」と「阻」)
 「沮喪」は「阻喪」とも書きます。「沮」と「阻」は、ともに「はばむ」や「くじける」といった意味を持ちます。今ではどちらかといえば「阻」のほうが馴染み深い漢字ですが、『孟子』(巻二「梁惠王章句下」十六)では、「有臧倉者沮君」(臧倉<ぞうそう>なる者有りて君を沮む)とするくだりがあり、「はばむ」を表記するのに、「沮」を用いています。
 もともと「且」という字は、物を積み重ねたさまをあらわした象形文字です。沮はそれにさんずいを加えることで、水が重なって干かないさまを指して、阻はこざと(阜)へん(土もりを指す)を加えることで、土や石が積み重なって行く手をはばむことを指します。水と土の違いはあれど、ニュアンスは似ているため、この意味ではほぼ同視して用いられるようになったということができます。
 ちなみに「臧倉」とは、魯の平公のお気に入りの近臣です。上記の引用部は平公が孟子に会いに行こうとした際、臧倉が「礼儀も知らぬ一平民のためにどうしていく必要があるのか」と主張したため、平公が会いに行くのを取りやめたという話の一節です。このとき、楽正子(がくせいし)が、孟子に対し、事情を話したところ、孟子は、「人が出かけるのも出かけないのも人がそうさせるのではなく、あくまで天命のためにそうなるのだ」と答えました。

 「意気消沈」のところでも触れましたが、「意気阻喪」は意気込みがなくなることに重点があるのに対し、「意気消沈」は、むしろ感情的にふさぎこんでしまうことに力点があります。とはいえ、ともに意気込みが失われることには変わりありません。日常生活では、あまり陥りたくない状態といえます。いかにしてこの状態から脱却していくか、が重要ですね。結局は前向きに考える、など内面との格闘になってしまうのかもしれませんが。

posted by landmark at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

意気衝天

●68.意気衝天(いきしょうてん)

【意味】意気込みが非常に盛んなこと。「衝天」は、天を衝く(つく)こと。転じて勢いのさかんな状態を表す。意気込みが天を衝くほどに勢いが激しいということから。

※類義語
意気軒昂、意気揚揚
→意気軒昂は、「軒」と「昂」という高く上がる意味を持つ漢字を二つ重ねたように、意気が盛んなことを表しますが、「意気衝天」は、その語気をさらに強めたものとなっています。

※対義語
意気消沈、意気阻喪、垂頭喪気(すいとうそうき)

※参考
 「衝天の気」というのが禅の公案(問題)にあります。「衝天」というのは、「天を衝く」ということなので、天を衝くほどの激しい気です。山岡鉄舟が、ライバルだった浅利又七郎と対戦するとなぜか勝てず悩んでいた折、天龍寺の僧、滴水和尚(1822〜1899)のもとで参禅した際、和尚は、ただ無になるのが良いとして、
「両刃鋒(ほこ)を交えて避くるを須(もち)いず、好手(こうしゅ)還(かえ)りて火裏(かり)の蓮(はちす)に同じ、宛然(えんぜん)自(おの)ずから衝天の気あり」という公案を鉄舟に与えました。当初は、この意味がつかめなかった鉄舟でしたが、後に「無刀流」の開祖となったのはよく知られています。


 天を衝くほどのすさまじい意気込みというのも時には必要だな、と思います。意気込みが空回りしてはいけませんが、心を強く持つのと、持たないのとでは結果に大きく違いが表れるというのは度々感じますよね。

posted by landmark at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意気消沈

●67.意気消沈(いきしょうちん)

【意味】元気がなくなって、沈み込むこと。「消沈」は、気力などが衰えること。消えうせること。「消沈」は、「銷沈」とも書く。

※類義語
意気阻喪、垂頭喪気(すいとうそうき)
→「意気阻喪」は、意気がなくなることに重点があるのに対して、「意気消沈」は、むしろ感情的に沈み込んだり、ふさぎこむということに重点を置いた表現です。また、「垂頭」とは、「頭をたれる」ことを表します。

※対義語
意気軒昂、意気衝天、意気揚揚

※参考
 「消沈」=「銷沈」ですが、「銷」という漢字は、金へんということからも分かるように、もともとは、金属を溶かす、溶ける、という意味でした。そこから派生して、単に何かがすり減ったり、弱まったりする、「消」と同じ意味合いが生まれました。
 また、「銷」は、売れ残りの品物(滞貨)がすり減る、ということから、「商人が品物を売りさばく」という意味も持っています。あまり見かけませんが、「銷路」(しょうろ)といえば、「販路、売れ行き」を意味します。


 「意気・・・」を使った表現はたくさんありますね。漢字の組み合わせによって微妙にニュアンスが異なるのですが、総じていえば、意気が高揚するか、衰退するかで場合分けができることが多いです。漢字はもともと組み合わせが自在で、いろんな漢字と結びつくということに加え、「意気」ということば自体が内面を表したものだから、表現の種類が多いのだと思います。

posted by landmark at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

意気自如

●66.意気自如(いきじじょ)

【意味】普段と変わらず、平然としているさま。「自如」は、態度も変えず、平気でいるさまを表す。「自若」と同じ意味。

※類義語
意気自若、泰然自若

※参考
 「自如」よりむしろ同じ意味の「自若」という表現の方が一般的に使われているように思います。「意気自若」という表現は、『後漢書』巻十八の呉漢伝に「漢意気自若、方整厳器械、激揚士吏。」としてみられます。呉漢は、後漢の初代光武帝・次代明帝に仕え、二十八将にも任ぜられた人物です。
 
 
 どんなことがあっても平然としていられる、というのはとてもうらやましいです(自分がそうではないので・・・)。少々のことでは動じない、という強い気概を持ちたいものだ、と心では思ってはみるのですが、これがなかなか・・・。

posted by landmark at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。